レデイ・ガガ 「ポップ・アイドル論」  (4)

「アイドル・ポップ論」特別編 ”レデイ・ガガ ”第4回     
   ーステファニーは、いかにしてレデイ・ガガになったか    

 いつの世にも人々は、時代のアイドルを支持し、追い求める。それに答えるべく、ポップ・スターは、コンサートのステージ上で「idol]=[崇拝者」として、観衆の夢を実現して魅せる。   
 レデイ・ガガ、1986年3月28日、米国ニューヨーク州生まれ。本名は、Stefani Joanne Angelina 
Germanotta。因みにその芸名は、クイーンの楽曲「Radio Ga Ga]に由来するといわれる。父はイタリア系アメリカ人の実業家、幼少の頃からピアノを演奏する。マンハッタンのカトリック系私立学校に通い、17歳でニューヨ
ーク大学芸術学部に早期入学し、音楽と作詞作曲を学ぶ。19歳で、初めてレコード会社と契約。その頃、親元を
離れ、ストリップクラブで働き始める。後にこのことで父親と葛藤があったことを、ガガ自身が認めている。 
 2008年、デビュー・アルバム「ザ・フェイム」を発表。世界的大ヒットなり、売上枚数は400万枚を突破。続いてシングル曲「ポーカー・フェイス」をリリース。2009年4月、全米シングルチャートで1位を獲得。さらに全英、全ヨーロッパ、カナダ、オーストラリアの国々でもシングルチャートで1位となる。2009年
11月、2枚目アルバム「ザ・モンスター」を発表。同アルバムからのシングル「バッド・ロマンス」が、再び世界的ヒットとなる。2010年1月31日、初のグラミー賞を受賞した。   
 2010年3月、シングル「テレフォン」が、ビルボード・チャートで1位を獲得。これで、ナンバー・ワン・
シングル曲が通算5枚となる。You Tubeでは、ガガのミュージックビデオの累計再生回数が10億回以上となり、
新記録を樹立した。現在、ツイッターのフォロワー数が世界一である。2011年5月23日、3枚目アルバム 
「ボーン・デイス・ウェイ」が、世界同時発売される。発売後1週間で、500万枚を超えるセールスを記録。またこれに先立つ2月11日、シングル「ボーン・デイス・ウェイ」を解禁し、世界中の音楽チャートでダウンロー
ド数1位を記録した。   
 そして、日本の東日本大震災ではいち早く復興支援を表明し、6月25日千葉・幕張メッセでのチャリテイー・
イベント「MTVビデオ・ミュージック・エイド・ジャパン」に出演するため、4度目の来日を果たした。  
ー次回は、レデイ・ガガ「アイドル・ポップ論」最終回をお届けします。   

  Bye now.See you tomorrow.     

     x    x    x     





   
 
 
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる