魅せられて  (1)

 皆さん、こんにちは。今日から、新シリーズ、スタート!オレの趣味と、独断と偏見(笑)で、行っちゃう。
ランキング、下がってもいい。オレ、構わない(笑)また、取り戻すから。      
 ハイ、それでは、いよいよ「昭和歌謡名曲」シリーズ、まいります。本日のみんなの歌は、        

  ”魅せられて”(1979年)歌:ジュデイ・オング   
                作詞:阿木よう子 作曲:筒美京平 プロデユース:小西 康陽  
  要チェック! You Tube [魅せられて ジュデイ・オング」    

 この曲、いろんなバージョンがあってさ、皆さんも、捜して、 楽しんで見てよ(笑)オレ、こういうタイプに弱い(笑)もう、何でも許してくれて、受け入れてくれる、大人のいい女(笑)母性の象徴のような、そのいい女
が、ドキッとするようなセリフを、おっしゃる(笑)    
 この歌の作詞は、阿木よう子女史。確か、あの宇崎竜童の奥サンだよね。それに、名プロデユーサーの小西氏。
全盛期のヒット・メーカー・コンビ、完全に時代の波と空気を読み取ってるねー(笑)この曲で、ジュデイ・オングは、その年のレコード大賞受賞、紅白歌合戦に初出場とブレイクした。  
 オレ、その頃、夏休みとか年末、実家に帰って、テレビ番組で、純白のドレス姿のジュデイ・オングを、ドキドキしながら見てた(笑)特に、あの両手で羽を広げる、彼女のそのシーンを見ては、海老反ってた(爆笑) 

 この曲は、版画家で芥川賞作家の池田満寿夫が監督した映画、「エーゲ海に捧ぐ」とタイアップした曲だった。
それが、200万枚の大ヒットとなる!  
 ー以下、続編で、大人のいい女、「ジュデイ・オング論」を、またアツク語るからサー(笑)    

 Bye now.See you soon.        

                       x   x   x
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる