スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱原発アイドル、匿名批判に悩む

「時事テーマ」:2011/8/20 ”2011フリー・ライター・シリーズ ”   
 ー福島原発事故から12日後、自身のブログに「批判覚悟で・・・」と題した脱原発の記事をアップした現役中 学生アイドル、藤波心(14)。それまでファンとの交流の場であったブログは、賛否両論のコメントが殺到  し凄まじい勢いでアクセスがあった。その数は、3日間で300万PVという異例のものだった。  
  彼女に、当時の心境を聞く。以下、8/20付「NEWSポストセブン」より抜粋:   
 ーブログの反響に気づいたのはいつ頃か?   
 藤波:ブログにアップしてから2日後でした。承認待ちのコメントが700件もあって、初めは何かの間違いか と思いました。ブログの管理人さんから事務所に連絡があって、「大丈夫ですか?」って。通常、タレントのコ メントは、誹謗中傷などが含まれていて、管理人さんがチェックしてから載せているんです。でも私はありのま まを知りたくて、その作業も自分でやるようにしています。   
 ーそれは、ツライ作業なのでは?   
 藤波:7割位は応援や賛同のコメントですが、残りは批判のコメントです。正直、読むのが辛いものもありま  す。でも、そういったコメントも消さずに、そのまま載せるようにしました。  
 ー一番ツラかったコメントは?   
 藤波:私が小学生の頃からイベントに来てくれていたファンの方から、「心ちゃんが、そんなこと言う人だとは
 思わなかった」「アイドルなんだから、水着を着て笑っていればいいのに」といったコメントを見た時は、かな りヘコみました。   
 ーブログのコメント以外に、批判する人たちの反応は?
 藤波:事務所にたくさんのクレームが来ました。毎日のように電話がかかってきて、ファックスも来るし、直接
 訪問する人もいたそうで、担当者は、「ノイローゼになりそうだった」と言っていました。どこで調べたのかわ かりませんが、私の個人情報が書かれたコメントもあって、そういったものは削除しています。  
 ーそこまで脱原発の主張を続けるのはなぜ?   
 藤波:私が頑固だから(笑)それは、やっぱり、私の意見に賛同してくれる方たちの存在が大きいからです。批 判している人たちは、どこの誰だかわからない匿名の人が多い。そう考えると、落ち込むのもアホらしくて。 
  それに、批判コメントの中には、原発はなぜ必要なのかとキチンと意見を述べる人もいて、勉強になります。
 何より原発の問題は、日本国民みんなが考えていかないといけない問題なので、自分の意見を抑える必要はない
 と思っています。   
ー藤波心(ふじなみ・こころ):1996年11月22日、兵庫県生まれ。原発事故直後、ブログで原発批判の記事をアップし、一躍脱原発の現役中学生アイドルとなる。現在、タレント活動中。   
 
  x    x    x    

 ー山本太郎の「原発批判」をめぐる発言で所属事務所脱会以来、俳優、女優、アイドル、タレントを巻き込んで
 過熱化する「反原発」「脱原発」ブーム。私は、フリー・ライターとして今後も見守る。













スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。