D・キーン氏、永住のため日本到着

「時事テーマ」:2011/9/2 ”2011フリー・ライター・シリーズ ”   
 -海外における日本文学研究の第一人者、ドナルド・キーン米コロンビア大学名誉教授(89)が、8月31  日、日本に永住するためニューヨークの自宅を出発し、9月1日、日本に到着した。   
  成田空港で取材を受けたキーン氏は、「やっとのことでニューヨークの自宅の家具などを処分しました。飛行 機の窓から見える四角い畑や田んぼを、美しいと感じました」と語った。   
  被災地に向けては、「一番大切なことは、希望を持つこと。希望を持てば、奇跡が起こる。東北へも行きたい
 と思います」と語り、近く岩手県平泉町にある中尊寺を訪ね、仙台での講演などを予定している。日本国籍取得
 の手続きも進めるという。    

   x    x    x     

 ードナルド・キーンさん、お待ちしておりました(笑)今回のあなたの英断に、拍手を送りたいと思います。 
  もう10年以上前、キーン氏が来京、日本古典文学に関する講演会があり、私は参加した。並居る日本人研究 者を凌駕する、氏の見識と隻眼とその日本文学への愛情に驚嘆した記憶がある。   
  またキーン氏は、太平洋戦争中、米海軍日本語学校に入学。その当時の同僚に、わが母校の名誉教授、故オー
 テイス・ケリー氏がいた。ケリー教授には、戦争中京都の景観を守り抜いた逸話と皇室を交えた終戦をめぐる秘 話もある。   
  もうすぐ、「9・11テロ事件」発生から10周年を迎える。来週の11日で、東日本大震災から丁度半年が
 経過する。日本人の一人として、またもの書きの端くれとして、ドナルド・キーン氏、そして故オーテイス・ケ リー氏が愛した日本を私は愛し続け、また今後も世界中からこのような人々が「美しい国」日本に来日されるこ とを、私は願う。




スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる