スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2030年代に火星へ、SLS計画

「時事テーマ」:2011/9/15 ”海外ニュース”  
 ー14日、米NASAが発表したSLS(Space Launch System)は、開発費用100億ドル(約7660億  円)の巨大プロジェクト。オバマ大統領は、就任当初から前政権で進めていた月探査計画を打ち切り、火星や小
 惑星など、より遠方の宇宙空間への有人飛行を目指す方針を示していた。  
  スペース・シャトルの積載量は約25トンだったが、新型ロケットは70トンの物資を搭載でき、将来的には
 その2倍近い物資の輸送を可能にする予定。SLSのロケットには、これまで実績があるスペース・シャトルの
 メインエンジンや外部燃料タンクなど多くの技術が再利用され、開発・運用のコスト削減を実現させる。またロ ケットの燃料には、シャトルと同じ液体水素や液体酸素が使用される予定となっているが、改良型の固定燃料の
 活用も検討されている。   
  新型ロケットの完成予定は2017年、まずは無人での試験飛行を実施する。オバマ大統領は、2025年ま でに小惑星への有人探査を実施し、2030年代には火星へ人類を運ぶことを目標に掲げている。   

   x    x    x   

 ー二階堂 新です。現在、FC2小説で連載中のわがSF作品、「ビーナス・オデッセー」で火星探査のテーマ
 を取り上げています。2040年代の設定にしてあるんだけど、これで少し早まったかナ(笑)  
  アメリカ経済は今ガタガタだけど、まあこれは、夢のある21世紀の有人探査プロジェクトということで、良 しとしよう。本日中、名作映画シリーズ、「2001年宇宙の旅 (3)」をアップします。   
  因みに、私のSF作品のアクセス方法は、「FC2小説」-「二階堂 新の小説一覧」-ジャンルは、SFー
 作品名は、「ビーナス・オデッセー」です。




スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。