「アラブの春」、2新代表が国連で演説

「時事テーマ」:2011/9/25 ”2011フリー・ライター・シリーズ ”   
 ーニューヨークの国連本部で開かれている国連総会一般討論で24日、中東民主化「アラブの春」で政権が崩壊
 したリビアとエジプトの新たな代表が相次いで演説、新政権の課題を報告するとともに国際的支援を訴えた。 
  リビアの反カダフィ派「国民評議会」ナンバー2で、暫定政府首相に就任予定のジブリル氏は、新生リビアの
 国際社会復帰を強調。「我々の資産は速やかに凍結解除されるべきだ」と語った。   

   x    x    x    

 ー今年2011年1月、チュニジアに端を発した中東アラブ諸国の民主化のうねり。欧米主導、NATOの軍事
 介入などが指摘されるが、やはりチュニジア、エジプト、リビアの各国民の願いと行動なしには達成されなかっ たであろう。   
  依然、リビアのカダフィは所在不明だが、私は、今後もWatchする。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる