相馬 茜 ruddy  (2)

「Chapter ⅤⅠ:ワイルドな女」   
 ー「バーン!」といきなりドアを足で蹴って登場する、黒のハイレグ・ビキニの茜女王様が、サイコー(笑)ハ
 イ・アングル、ロー・アングル、アップでカメラは、茜のボデイに迫る。グアム島の乾いた空気の下、茜のドラ イでセクシーに魅せる表情が良い。   
「Chapter ⅤⅠⅠ:パープル色の女」   
 ー白いベッド、半分開け放したカーテン、パープル色のランジェリー姿の女が、気だるく横たわる。そしてBG Mのニューヨーク・ジャズの音色が、見事にマッチする。   
  ハスキー調の白いベッドで、少女のように天真爛漫な表情を魅せる茜。やがて、昨夜の二人の営みを呼び起こ すように、ゆっくりとベッドの茜は、パープル色に染まってゆく・・・   
「Chapter ⅠⅤ:森林の女」    
 ー赤いビキニに所々穴の開いた全身網タイツの茜が、森の中に立つ。いい女とネイチャー・フォトは、絵にな  る。グアム島の森林の中、黒の網タイツのボデイを自らの手で撫でる茜の乾いたエロスは、ヘルムート・ニュー
 トンを超えた。   
「Chapter Ⅹ:ポール・ダンサーの女」  
 ー廃墟跡の鉄骨をポールに見立てて、ポール・ダンスを披露する黒のハイレグ・ビキニと黒のブーツの茜。その
 ポール・ダンサー姿が、微妙にハマる。どちらかと言えば、スリムで引き締まったそのボデイと茜の「目力」  が、男の夢を誘う。   
  オラReiko、聞いてるか!?もう、いいって(笑)オレも、昔のオンナのことは、忘れたゼ、アッハハハー 
「Chapter ⅩⅠ:ゴージャスな女」    
 ーオレ、2004年春からレースクイーンを撮り始めたんだけど、いつの間にか、スポーツカー、スーパーGT
 のマシーン、F1マシーンに魅せられてしまった(笑)   
  その豪華リムジンの後部シートに横たわる、黒のドレスに黒の網タイツの大人のいい女、茜。まるで恋人に見 せるかのように、ドレスの胸元を広げ、網タイツの美脚をカメラに向かって魅せる茜が、セ・ク・シー。  
  オレ、二種免許も持ってるけどサ、基本的にオンナは車に乗せない。いい女は別だけど、アッハハハー
ー「相馬 茜 ruddy」(DVD、日本メデイアサプライ、53分)尚、興味のある方は、Amazonで要チェック。新品より、中古品で購入する方がお買い得です。   
ー次回10/9より、「名作映画」シリーズでは、「名作ダンス映画編」をお届けします。お楽しみに。

  


 

スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる