落語家 立川談志、死去

「時事テーマ」:2011/11/24 ”芸能ニュース”   
 ー落語家で元参議院議員の立川談志(本名・松岡克由)が21日、咽頭がんで死去した。75歳だった。  
  1952年、高校を中退して五代目柳家小さんに入門。1963年に真打ちとなり、五代目立川談志を襲名。
 回転の速いしゃべりと毒舌で、一躍テレビ番組で人気者となる。1966年に始まった「笑点」では、初代司会 者を務めた。    
  1971年、参院選全国区で当選し、沖縄開発庁政務次官を務めたが、酒に酔って臨んだ記者会見での問題発 言で辞任した。その後落語家の活動に専念し、落語家協会を脱退、弟子と共に立川流を創設し、人気を集める。
 落語は、「人間の業の肯定だ」として、古典落語を現代的に解釈することにこだわり続けた。   
  1997年、食道がんの手術を受け、がんや持病の糖尿病と闘いながら落語を続けた。3年前に咽頭がんを治 療したが、昨年に再発。本人の希望で手術はせず、できる限り高座に上がり続けるが、今年3月の高座を最後に
 活動を休止していた。    

   x    x    x     

 ー「天才」にして、落語界の異端児、立川談志が、がんで逝く。享年、75。合掌。   
  因みに、笑いは人を幸せにし、長寿にする作用あり。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる