六本木心中

 全国100万のポップス・ファンの皆さん、今日は、魔仁我王Zです。本日の「昭和歌謡名曲集」は、アン・ル
イスの「六本木心中」(1984年)をお届けします。   
 1984年と言えば、「えっ、何々」「オレ達、まだ生まれてなかった」って、20歳代の若い皆さんの声が。
オジさん、青春を語ってるからサ(笑)、お好きな方は、以下お付き合いの程を。   
 1984年、オレはアメリカ帰国から2年目、実家から再び上洛、わが青春時代の京都へ。時代は、まさに「狂乱のバブル期」突入の直前だった。1984年当時、確か「貸しレコード」「ノーパン喫茶」「ビニ本」が流行っていた時期かナ。あ~、オレのブログの品位が下がるー(笑)   
 「六本木心中」(1984年)作詞:湯川れい子 作曲:NOBODY/編曲:伊藤銀次。有線、カラオケで根強い人気
を保ち、ロングヒットとなる。やはり、ライブ・バージョンがよい。You Tube で「六本木心中 アン・ルイス」
を検索すると、出てくる。シンデイ・ローパーも顔負けの、ド派手、カラフルな衣裳で、表情豊かに歌い踊り魅せ
る、アン・ルイスがサイコー!その名セリフが聞かせる。  
 ♪長いまつ毛がヒワイなあなた♪♪遊び相手とならお手玉もできるけど、いつか本気になるのが怖い♪  
 ♪ちょっと場末のシネマしてるね♪♪Big city is lonely place♪   
 その二の腕、太ももと少々太目だけど、そこはご愛嬌サ(笑)ノリノリのアン・ルイスは、ロックン・ロールだ
ゼ!市Ⅹエビゾー、ちゃんと聞いてるかー(笑)「エッ、何だって!?」「フムフム、成程」それで、映画もコケ
たって、そうだろうナ、アッハハハー   
 アン・ルイス、アメリカ人の父と日本人の母の下、1956年兵庫県・宝塚市に生まれ、横浜市本牧にあった米軍の住宅街で育つ。1971年、レコード・デビュー、歌謡ロックに転向後、70年代から80年代にかけて多数
のヒット曲を放つ。因みに、沢田研二、ジュリーの熱烈なファンであったとか。   
 1980年、ロック歌手の桑名正博と結婚。翌年、長男の美勇士を出産。1984年に離婚。その後、「パニック障害」のため音楽活動を休止。   
 2005年、離婚、パニック障害を乗り越え、再び音楽活動を再開する。2011年秋、長男のミュージシャン
美勇士に女児誕生。たくましき女、アン・ルイス、Ann Linda Lewis に幸あれ!











スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる