昨年誕生の赤ちゃん、戦後最少

「時事テーマ」:2012/1/2 ”国内ニュース”  
 ー2011年に生まれた日本人の赤ちゃんは105万7000人と、戦後もっとも少なかったことが31日、厚 生労働省の人口動態統計の調査で分かった。死亡数は、戦後最多の126万1000人。出生から死亡を差し引
 いた自然増減数は20万4000人の減少で、人口減少が初めて20万人を突破した。   
  人口減少は前年に10万人を初めて超え、12万5708人となったばかり。厚労省は、「高齢化と若年人口
 の少なさが原因。今後も人口の減少が続くだろう」と分析する。   
  厚労省では、女性一人が生涯に産む子供の数を示す合計特殊出生率は前年(1.39)と同程度と見ている。
 ただし、出産する年代の女性人口そのものが減少しているため、出生数は前年より約1万4000人減った。 
  死亡は、前年比約6万4000人増加。東日本大震災では、1万5844人(12月26日現在)の死亡が確 認されているが、その中何人が統計に反映されているかについて、厚労省は、「集計中で詳細は分からない」と
 している。   
  婚姻は、前年より約3万組少ない67万組で、離婚は約1万6000組少ない23万5000組だった。  

   x    x    x    

 ー1億3千万人を目前に、減少し続ける日本の人口。終戦直後の「ベビー・ブーム」、1960年代の高度成長
 の再来ももはや望めず、「少子高齢化・成熟化」社会を迎えた21世紀のニッポン。   
  かくなる上は各人、各世代の「多様性」を尊重し、「結婚しない」男女は独身貴族を謳歌するもよし、また一 方「熟年結婚」もよし、伴侶を海外に求める「国際結婚」もあるし、養子縁組の方法もある。   
  かく申す私も花の独身中年男、只今「婚活」中。全国の諸姉の皆さん、どこからでもかかって来なさい、アッ ハハハー





スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる