スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建勲神社 初詣で

 冬の京都散策行第2弾です。ブログ漬けの生活が続き元旦に行けなかったので、本日建勲神社へ初詣でに行く。
 立春の今日、快晴に恵まれるが、船岡山の空気は寒冷で身が引き締まる。午後の境内に訪れる参拝者は私以外に
なく、本殿前でわが心願を祈願する。   
 建勲神社との縁は、2006年秋に遡る。信長が東寺に陣を敷き、「天下布武」を開始した永禄11年(1568)10月19日をわが個人自営業設立の日とし、6年前のこの日、私は建勲神社にわが志を祈願した。以後、元旦と10月19日には参拝し、祈願をしている。   
 21世紀の今、もし信長が生きていれば・・・。その万分の一の志を本殿前で私は祈願する。   
 建勲神社から歩いて数分、船岡山公園がある。本当はあまり知らせたくないのですが(笑)、ここは8月16日
の「大文字送り火」撮影の隠れた穴場。標高45メートルの船岡山山頂から、各送り火を望むことができます。 
 ベンチに座ってメモを取っていると、後方で話し声がする。振り返ると、寒風の中厚着の女子高生二人が、掛け声をかけながらダンスのレッスンをしていた。   
 このシリーズつづく。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。