押尾学被告、実刑確定へ

「時事テーマ」:2012/2/15 ”2012フリー・ライター・シリーズ ”   
 ー合成麻薬MDMAを一緒に飲んだ知人女性の救命を怠ったとして、裁判員裁判の一審が保護責任者遺棄と麻薬取締
 法違反の罪を適用して懲役2年6月を言い渡し、二審も支持した元俳優の押尾学被告(33)について、最高裁
 第一小法廷(宮川光治裁判長)は、15日までに被告の上告を棄却する決定をした。これで実刑が確定する。
  刑の確定後、被告は収監される。服役期間は、最長で2年程度。   

   x    x    x   

 ー押尾学被告に、ついに実刑が確定した。芸能人、タレント、元アイドル、元横綱、歌舞伎役者らが次々と「事 件」を引き起こした「ロッポンギ・シーン」、「押尾事件」のみ死者が出た。さらなる「ロッポンギの白き闇」
 の究明を期待する。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる