プラダを着た悪魔 (1)

 全国100万の洋画ファンの皆さん、今晩は。今回は私の趣向で予定を変更し、「プラダを着た悪魔」(200
6年)をお届けします。   
 2003年に刊行された同名の小説の映画化。著者のローレン・ワイズバーガーも「ヴォーグ」で名編集長のア
シスタントをした経験を持つ。映画版では新旧2大女優の競演、世界の情報発信基地、ニューヨークのファッション業界の内幕を描いた話題作と魅所も満載。それでは、女性読者の皆さま(アレ、男性諸兄の皆さんもいいヨ(笑)
早速、まいりましょう。   
 ファースト・シーンは、ニューヨークのアパートの部屋で朝、シャワーを浴び、歯をみがくアンデイ(アン・ハ
サウェイ)の姿から始まる。身支度をし服を選び、地下鉄に乗り、マンハッタンにある会社へと向かう。彼女は、
ファッション誌「ランウェイ」のアシスタント応募の面接にやって来たのだ。   
 秘書のエミリー(エミリー・ブラント)に代わり、スゴ腕女編集長のミランダ(メリル・ストリープ)が直接面接する。さんざんイヤミを言われ、何とか採用され、全女性憧れのファッション雑誌のオフィスで働き始めるアン
デイ。ところが、早朝から携帯で呼び出され出社、ミランダ編集長の人使いは荒く、仕事は超ハード。毎日が緊張
の連続。ただし雑用のアシスタントのみ、本来の仕事は秘書のエミリーが仕切る。   
 そんな週末の休日のある日、パリ主張中のミランダから無理難題を電話で言われ、帰国後そのミスを咎められる。落ち込むアンデイ。オフィスの同僚、ナイジェル(スタンリー・トウッチ、そうです、「Shall We Dance
?」のあのリンクです(笑)に思わずグチをこぼす。   
 「人使いが荒くて、私が失敗するとー、ミランダって、悪魔よ!」   
 「じゃあ、辞めろ。君の代わりは5分で見つかる」とナイジェルが言う。   
 傷心の新米アシスタント、アンデイに、彼はプロとしての仕事の厳しさ、有名ファッション誌「ランウェイ」の
ファッション以上のアート作品とその誇りを説くのだった・・・   
ー以下、続編に続く。     

   Bye now.See you tomorrow.    

      x    x    x    
 





スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる