ブレード・ランナー  (2)

 舞台は、近未来2019年のロサンゼルス。漢字や片仮名まじりの日本語の看板のある、リトル・トーキョウを
思わせる、多国籍・多民族の中華街の一帯。ストーリーは、宇宙殖民都市から逃亡し、地球に潜入した4人のレプリカント、人造人間を追う、ブレード・ランナー、デッカードのハード・ボイルド風SF映画。   
 ロスという都市は、SFの舞台にかくもよく似合うのか。確か、「ターミネーター」シリーズの舞台も、近未来
のL.A.だったはず。オレは、行ったことないけど・・・。待てよ、いや、ある。あった。オレ、確か、1980年の夏、アメリカ留学の際、乗継で、当時世界最大といわれた、ロサンゼルス国際空港を、荷物を抱えて数時間
ウロウロした記憶がある(笑)一度、「L.A.SF都市論」をやってもいいかも(笑)      

 今日は、もうあまり時間もないから、私が持っている、「ブレード・ランナー」ファイナル・カット(2007年)に話を戻す。このバージョンは、初公開から25年を経て、リドリー・スコット監督自身による、再編集と
最新のデジタル映像処理を施したもの。    
 1982年の劇場公開版では、カットされた映像とより深みのあるストーリー、その作品性が追求されている。
私も,SFも書くもの書きとして、悪いクセで(笑)つい、深読みしてしまう。実際、このSF映画の名作、「ブ
レード・ランナー」こそ、さまざまなストーリー展開、マニア的な読解(笑)、主人公のデッカードも含めた、レ
プリカントたちの解釈が多様にできる映画はない。      
 でも、私としては、一SFファンとしても、皆さんに純粋にSFの名作映画を楽しんでもらえれば、当コーナー
を立ち上げた甲斐があるというものです。オレ、別に、「映画ヒョーロン家」でもないし(笑)ただ、映画、特に
洋画が、ホント好きなだけだからさ。       
 というわけで、次回も、リドリー・スコット監督の「ブラック・レイン」を取り上げます。2月14日アップの
予定です。請う、ご期待。        

 ー最後に、(3)で、この映画のデータをアップします。
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる