「消費税法案」を閣議決定

「時事テーマ」:2012/3/30 ”2012フリー・ライター・シリーズ ”   
 ー政府は30日午前、野田政権の最重要課題である消費税関連法案を閣議決定した。野田佳彦首相は衆院予算委 員会で、「与野党で胸襟を開いて議論し、国会審議を通じ、成立できるように全力を尽くしたい」と述べ、6月
 21日までの今国会中の成立を目指す方針を強調した。   
  法案では、現行5%の税率を2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げる。増税に際しては、
 「経済状況の好転」を条件とし、「名目3%、実質2%」の成長率を政府の努力目標とした。   
  閣議決定に反対していた国民新党の亀井静香代表は30日朝、野田首相に会談後改めて連立解消を伝えた。ま た民主党内でも、小沢一郎元代表ら増税反対派が反発しており、副大臣や政務官のうち数人が、閣議決定に抗議
 して辞任するとの見方が強まっている。  
  同法案の成否は野田政権の命運を左右し、衆院解散や民主党の分裂、首相退陣にもつながる可能性がある。今 後政局は、緊迫した状況が続く。     

   x    x    x     

 ー本日午前、「消費税法案」が閣議決定された。深夜、未明まで及んだ党内審査のあの議論は、一体何だったの か!?単なる「ガス抜き」か。このままスンナリと成立するのか。    
  果たして、国民の側から十分な議論がなされたと言えるのか。震災復興、原発問題、選挙前の公約も忘れ、増 税へとひた走る野田政権。もはや我々国民は、解散総選挙でその信を問え!



スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる