タイタンの戦い (3)

 地の底から現れた巨大サソリは、その大きな鋏のツメを振り立て戦士らをなぎ倒し、硬い殻は剣を跳ね返し、その尻尾の毒針を突き刺す。ペルセウスら戦士は総がかりで反撃し、捨て身の戦法でやっと巨大サソリを倒す。安堵
する戦士一同。しかし今度は、巨大サソリの群れに取り囲まれる。後退し円陣を組む戦士たち。襲いかかる巨大サソリ。その時、謎の黒衣の魔術師の一団が現れる。敵か味方か!?砂漠の魔術師、ジンのその長老に歩み寄るペルセウス。しかし戦闘中に負った傷にハデスの毒が回り、その場に倒れる。   
 一方アルゴスの都では、王女アンドロメダが神との戦いで疲れた人々に献身的に尽くす。そこへ、「皆の衆、ハデスに祈れ。王女を生贄に。街全体が救われる」と邪宗の預言者が群集に訴える。   
 その夜、傷を癒すペルセウスの元にジンの長老がやって来ると、燃える木炭を彼の傷口に押し当てる。うめくペルセウス。背後から取り押さえるドラコ隊長ら。立ち回りを演じるが、ジンの口から「我々も神の暴虐を正す者を
待っていた」と聞き、彼らもペルセウスら一行に加わることになる。    
 翌朝、巨大サソリの背に乗ってやって来た魔術師のジンの一行と合流し、再びペルセウスら戦士は旅を続ける。向かうは、地獄の一丁目、魔女の山。人を寄せつけぬ魔界の入口へと踏み込むペルセウスら勇者たち。その山頂で
ペルセウスは、三人の魔女を相手に勇気と知略をもって、クラーケン退治の秘策を聞き出すことに成功する。別れ際、魔女が警告する。「旅は失敗に終わる。お前は死ぬ、ゼウスの子よ」  
 下山の山中で、ペルセウスはゼウスと遭遇する。ゼウスはハデス相手に勝ち目はないと諭すが、ペルセウスは人
として戦うことを決して諦めない。ゼウスは三途の川の船賃の金貨を与えると、ワシの姿となって飛び去る。魔女の予言を聞き、長老のジンだけを残し、魔術師の一団が去る。冥界では戦えないと、狩人兄弟も巨大サソリの殻で
作った特注の盾をペルセウスに贈り、去って行く。   
 「あの魔女の予言を覆すチャンスと力を与えくれ!」と訴えるペルセウスの決意に、残った勇者5名とイオが賛同する。クラーケン退治の秘策、メドウーサを倒すべく、命知らずのペルセウスら勇者は、ついに三途の川を渡る
のだった・・・   
ー以下、第4弾に続く。    

   Bye now.See you tomorrow.   

      x    x    x          

       
 











スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる