スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「河本問題」を斬る! 前編

「時事評論シリーズ」:2012/6/4   
  
   「河本問題」を斬る! 前編   by 二階堂 新   

 現在、ネット上で議論が白熱する「河本問題」について、以下私なりに述べてみたいと思う。   
 お笑いコンビ「次長課長」の河本準一の母親が生活保護を受給していた問題で、5月25日河本準一本人が謝罪
会見を行った。その後、ネット上、テレビのワイドショー、若手芸人の間で、「河本擁護派」vs「河本バッシング
派」の議論が加熱し、時に炎上状態になった。   
 発端は、4月12日発売の「女性セブン」が匿名で伝えたことで始まった。4月18日、「日刊サイゾー」が河本準一の実名を報じる。その後、吉本興業側の圧力があり、「日刊サイゾー」の記事が削除された。しかしここで、片山さつき参議院議員がこの問題を取り上げ、河本の母親の「不正受給」について厚労省の担当課長に調査を
依頼した。さらに、自民党の世耕弘成プロジェクトチーム座長が、ツイッターでも報告した。   
 5月16日、吉本興業が「プライバシーであり、人権侵害である」とコメントを発表するが、吉本に抗議電話が
殺到。その後も、週刊誌、スポーツ紙、読売テレビなどが一斉に実名を報道する。5月18日、吉本側の弁護団が
参議院会館を訪れ、世耕、片山両議員に事情説明をした。その後もテレビ朝日、週刊誌上で河本の母親の「不正受給」について報道が続いた。またホンダが、河本のCMの掲載を自粛した。   
 かくしてついに5月25日、吉本興業の東京本部で専務と弁護士が同席の上、河本本人が記者会見し、謝罪するに至った。記者との質疑応答も含め35分間の会見中、釈然としない部分も残った。しかしその謝罪会見後、「河本擁護派」と「河本バッシング派」との議論が白熱化し、また追及する側の片山、世耕両議員にも圧力が加わる。
吉本の先輩芸人である、千原せいじがテレビ番組でコメントした発言が片山議員を脅迫しているとされる件。「世
耕氏発言」がネット上で改変され拡大されている件。これまで見られなかった生活保護の制度と受給の実態に、今
スポットライトが当てられる。   
 6月に入っても、各テレビ番組、報道番組、バラエテイー番組でタレント、若手芸人、識者の間に「河本問題」の余波が、尚も続いている。   
 次回、後編へと続く。











スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。