菊池直子「イタ・セクスアリス」

[時事テーマ」:2012/6/9 ”「オウム事件」を追う”   
 ー地下鉄サリン事件で指名手配され、17年の逃亡生活の末に逮捕された菊池直子容疑者(40)、その足取り
 が最後に確認されたのが、1996年11月中旬まで潜伏していた埼玉県所沢市のマンションにあるアジトだっ た。   
  当時、特別指名手配犯として逃走中の高橋克也容疑者(54)ら男性信者4人と菊池容疑者を含む男女5人  が、マンションに住んでいた。警察が踏み込んだ際、菊池容疑者のノートが発見された。そこには、菊池容疑者
 の性に対する欲求や同居する男性信者への愛情が綴られていた。   
  「逃げるためには、性欲を利用してもいいんだと考えるようになり、M(元男性信者(45)さんも性欲と戦 おうとしなかったのだろうか、そこで二人の(男女としての)関係が成立してしまい、(中略)私には性欲の捨
 断ができない」   
  オウム真理教の教義では、セックスは「破戒」とされ、性欲は「邪悪なるもの」とされていた。しかし麻原教 祖が逮捕され、菊池容疑者の信仰心は大きく揺らぎ始めていた。20代から30代の若い男女が肩を寄せ合って
 共同生活する中で、自身の中の性欲を凝視せざるを得なくなった菊池直子容疑者の姿が浮かび上がる。   

   x    x    x    

 ー平田被告にしろ、菊池容疑者にしろ、元信者の女性、一般人の男性と同居していたと言われるが、これはかつ て戦前、共産党員の男女が地下に潜る際、特高の目をごまかすために用いた方法である。改めて今、元オウム信 者らの男女の生活が浮き彫りとなる。   
  私は、わが真言密教の一仏教徒たるフリーライターとして言いたい。松本智津夫よ、空海もダライ・ラマ14
 も、決してそんなことは言ってはいない。理趣経を曲解することなかれ、合掌








 
スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる