スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「熟女ブーム」を斬る(笑)

 全国100万のアイドル・ファンの皆さん、今晩は、魔仁我王Zです。本日は、お待ちかね番外編「熟女ブーム」を斬るで~す(笑)     
 巷では、空前の「熟女ブーム」なんだって!?先に言っとくけど、ネタ元は『週刊文春』6月7日号の「美熟女
ビジネスが日本経済を救う!?」です。   
 よく知らないけどサ、今や業界では熟女系●V、熟女キャバクラが定着し、草食男子、熟女好きのお笑い芸人の
後押しもあって、一大ブームとか。東京シーンでは、熟女向けのアダルト雑誌、熟女中心のキャバクラ、熟女に特化したアダルト・ビデオが現在人気を得て、有望なマーケットと化しているという。   
 そう言えば確か、二昔前から天才カメラマン、アラーキーが、「熟女ブーム」が来るって言ってたナ(1991
年東京へ上京。氏の個展に駆け付け、会場で直接氏に声を掛けさせて頂いた記憶がある)。熟女=熟年の大人のいい女、若い女にはない女のストーリーと年輪と相応の色香がある。それに包容力と”癒し”がある。AKB48の
ウジャウジャ少女集団なんか、目じゃあないゼ。   
 さてと、ではイクか~。熟女キャバクラ?キャバクラ、行ったことありません。熟女●V?ボク、え~ぶいは見ま
しぇ~ん。岩井志麻子?わが郷土岡山が誇るホラー系売れっ子女流作家、おえりゃあせんが~(笑)尾崎ナナ?過去にイロイロあったんじゃあない。それでオレ、フォロワー止めちゃった。壇蜜、おっ、いいね~。大人の女が魅
せる究極の「着衣エロス」の美学、オレDVD持ってる(笑)   
 以上、リーマン・ショック後の不況下、母性を求める草食系男子が急増、一方で「タブーなき」熟女が台頭し、
かくして平成”元禄”ニッポンに「熟女ブーム」は続くなり。お後がよろしいようで。




スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。