祇園祭 山鉾巡行に16万人


「時事テーマ」:2012/7/17 ”京都散策行”  
 ー祇園祭の山鉾巡行は17日、梅雨明けした青空の下、祇園囃子を奏でながら豪華な鉾と山が、夏の都大路を練 り歩いた。今年は142年振りに大船鉾が巡行に加わり、しんがりを務めた。これで山鉾は33基となり、新た な歴史をスタートさせた。   
  午前9時、早くも30度を超える気温の中、音頭取りの掛け声「エンヤラヤー」に合わせて、くじ取らずの長 刀鉾が重量10トン以上ある鉾を揺らせながら、四条烏丸を出発。四条ふ屋町では、鉾に乗った稚児が太刀で神
 域を示す注連縄(しめなわ)を斬ると、沿道の人々から拍手が湧き起こる。   
  「動く美術館」とも言われる絢爛豪華な山鉾は、四条通を東進、河原町通を北上し、御池通を西へ進む。各交 差点では、90度向きを変える豪快な「辻回し」があり、うまく決まると観客から大きな歓声が上がる。33基
 の山と鉾は、前の祭り23基と後の祭り10基に分かれる。沿道の人手は16万人(京都府警による)で、昨年
 より4万人少なかった。   
  祇園祭は、本来八坂神社の祭礼。平安時代の貞観11年(869年)に疫病退散を祈った御霊会が起源とされ る。京都祇園祭の山鉾巡行行事は、国連教育科学文化機関(UNESCO)の無形文化遺産に登録されている。

   x    x    x   

 ー本日梅雨明けしたわが京都は、36.5度まで気温が上昇した。その猛暑の中、わが愛機のニコン(旧タイプの
 フィルム・カメラです(笑)とコンパクト・デジカメの二刀流で、山鉾巡行取材に行ってまいりました。 
  就寝したのが2時、準備に手間取り、現場の四条烏丸に到着したのが、午前10時過ぎ。それでも大勢の観光 客の中、写真とデジタル・カットとコンパクト・デジカメによる動画を撮り続けました。  
  明日以後、その写真カットを連続アップ致します。皆さん、請う、ご期待。







スポンサーサイト

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

二階堂 新

Author:二階堂 新
 1955年生まれ、京都在住。フリーライター、フリーカメラマン、作家、企画主催者。皆さん、ヨ・ロ・シ・ク!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
二階堂 新 賢者は、かく語りき
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる